何故、ピカリでは月額制プランより回数制パックがオススメなのか?

PIKARI(ピカリ)では回数制パックがオススメ ピカリの全身脱毛って、たしかに安いことは安い

だけど、ぶっちゃけ別に意味ナシ・・・と思うことも結構あるんですよね。

例えば、全身55ヶ所の脱毛とか。

月額●●●●円とか、そういうのは、
どうでもイイです。

だって、ピカリだったら「6回パック」とかの回数制プランのほうがお得だから。

パッと見の値段が安いからって、ピカリの月額制プランに飛びついちゃうと
ガッカリするかも。

例えば、ピカリで全身脱毛6回分を完了するのにかかる期間も月額制プランだと、順調に通っても18ヶ月。

回数制パックなら最短6ヶ月
(詳しくは後述)

オマケにピカリの月額制プランでは、何故か毎月シェービング料金というのがかかります。

回数制パックは無料
(とは言え、手が届く場所は自己処理するのが基本です)

裏読みJAPAN★ピカリの全身脱毛

ピカリに限らないけど、やたらと全身●●ヶ所って数字を大きく見せてアピールしてるサロンは多いです。

でもこれは単に、全身の部位を細かく区切って、数字を大きく見せてるだけ。

それよりもヒドイのは、月額●●●●円って金額を、やたらと安く見せる手法

たしかに、1ヶ月あたりの料金は安いけど、このパターンは1回に施術する範囲がスンゴク少ないんです。

なので、全身ぐるっと1周するのに12ヶ月もかかっちゃうということもあります。

脱毛ラボとか、恋肌(こいはだ)とかも、この手口を使うけど、ユーザーを馬鹿にしてるのかな?って思っちゃいます。

ピカリの月額制プランは、そこまでヒドイ内容ではないけど、シェービング料金のこととかを考えるとね。。。

ずばり、ピカリでオススメできるのは回数制パックかな~と思います。

超高速全身脱毛サロンPIKARI(ピカリ)

全身6回で比較★圧倒的に安いピカリの料金

ピカリの全身脱毛がどれだけ安いのか というのは、他のサロンと値段を比較してみると一目瞭然。

パッと見たところではシースリーはピカリの次に安く見えるけど、顔、IOラインは別料金

オプションで追加すると、倍近い金額になるので要注意。
(ちなみに、シースリーはピカリと同じ脱毛マシンを使用してます)

シースリーはピカリと同じ脱毛マシン 注目すべきは、ラココストラッシュ

この2社はSHR方式で施術します。

ピカリをはじめ、多くのサロンが採用する従来型の施術方法では毛根にアタック。

最近は、どのサロンでも痛みはだいぶ少なくなってるけど、基本的に、色の黒い部分に反応するという特質を持っています。

その為、日焼けしている肌や、シミ、あざ、黒ずみのあるところではヤケドの恐れもあり、その部分を避けて施術しなくちゃならないんですよね。

でもSHR方式では、毛包という、皮膚の下で毛を作ってる場所に作用します。

要するに、効かせてるところが違うので、日焼けしている肌にも、全身に刺青シミアザ、またホクロなどの場所にも施術が可能

さらには、ピカリ等の従来型の施術方法では効果の出にくい、産毛や白髪の部分にも効果があるというのも見逃せないポイント。

皮膚の上をサササーっとマシンを滑らせていくような感じで、痛みもなく、スピーディに全身をムラなく均等に脱毛できるメリットがあります。

年がら年中日焼けしてる人や、ホクロの多い人、もともと色黒の人アソコの黒ずみが気になってる人には強い味方になりそうです。

金額はピカリが少々安いけど、SHR方式ならではのメリットを重視するならストラッシュやラココを検討するのもアリです。

裏読みJAPAN★ピカリの全身脱毛

個人的にはSHR方式のメリットには、かなり魅力を感じました。

でも逆に、ホクロが多いわけでもないし、日焼けがスゴイわけでもないというような人。

要するに、SHR方式のメリットが、あまり関係ない人にとってはピカリがオススメ。

ピカリは料金の安さが目につくけど、実は、値段以外の部分でも気が利いてるんですよね。

例えば、予約当日の朝に急に生理になっちゃったような場合。

生理の時に、おしり、VIOまわりの施術って、フツウは出来ません。

ピカリでも、生理の時にVIO、ヒップの施術はできないんですが、後日、この部分だけ施術して貰えるんです。

これ、地味にアトから効いてくるポイントです。

例えば、キレイモとか恋肌(こいはだ)では、予約日と生理が重なったら、その日はVIO、ヒップは施術できません。
(ここまではピカリも同じ)

だからと言って、VIOとヒップを別の日に振り替えて施術してくれるというのはナシ

要するに、予約日と生理が重なったら、VIOとヒップは施術して貰えないまま、1回分を消化したことになるんです。 (ここがピカリと違うところ)

ピカリと違うところ

ピカリの全身脱毛★施術範囲について

ピカリのHPには、全身55ヶ所という数字がありますが、ぶっちゃけこの数字には意味って特にありません。

だって、ピカリの施術範囲は、顔もVIOも全て込み込みのフル全身脱毛

結局、全身まるごと脱毛してくれるってことでしょ。55部位でも、なんでもイイよ。

それはともかく、ピカリみたいに全身すべてを施術対象とするサロンの実力を見極めるポイントというのはあります。

それは、顔の施術範囲

ピカリの施術範囲 特に、鼻、眉間、エラ下に注目。

実は、ここら辺の施術は敬遠したがるサロンも多い。

目の周りにフラッシュを当てるのは多少の危険性が伴います。また、鼻やエラ下の施術は技術的な難易度も高いためです。

なので、こういう部分を施術できること自体が、そのサロンの技術力を証明していることになります。

ちなみに、ピカリ鼻、眉間、エラ下も全部OK

キレイモはサービス内容はピカリと近いんですが、鼻、眉間はOKですが、エラ下はNGなようです。

また、恋肌(こいはだ)は、鼻はOKだけど、眉間とエラ下はNGということで、ピカリに差を付けられています。

満足するまで何度でも全身脱毛して貰えるということで、ピカリとは立ち位置の違うサービス内容の銀座カラー鼻、眉間、エラ下の施術に対応しています。

ちなみに、脱毛ラボも顔の施術は、もみあげ、鼻下、あご周りだけと顔の下半分だったりと、どこか中途半端

ミュゼに至っては、全身脱毛のなかに顔の施術が含まれていません。
(っていうか、顔脱毛というメニューがない)

ピカリの超高速脱毛マシンGTRとは?

ピカリ超高速脱毛マシンのGTRは日本人の肌に合うよう設計されているようです。

実はコレ、脱毛効果に定評があるシースリーで使っているマシンと同じモノだって知ってました?

たしかに、ピカリのHPで謳っているGTRの特徴も、シースリーのHPに書いてあるようなことと同じ感じです。

スライドしながら、光を連写していくので施術そのものが速い。

また、最低4週間おけば次の照射が可能なので、施術期間もハイスピード

ピカリの施術範囲 回数制パック6回コースなら、最短6ヶ月で卒業できちゃいます。

そんなGTRをピカリでは1人のお客さんに対して、2台がかりで照射

フツウは全身をグルッと施術するのに90分とか120分くらいはかかると思うけど、ピカリでは大体45分という爆速っぷりです。

ただ、顔など小さいパーツの部位では、GTR自慢の連射機能は使わず、ワンショットずつ丁寧に照射していきます。

GTRの特徴

裏読みJAPAN★ピカリの生・口コミ

私がピカリを体験した時でも、顔を施術する時には、照射パネルがちゃんと当たるような気遣いを感じました。

眉間や鼻の幅の狭い部分にも、照射パネルの角度を変えながら丁寧に照射してくれましたよ。

施術時間も施術完了までの期間も、短い超高速脱毛マシンGTR。

水着になる季節までには絶対完了したいとか、結婚式までにはなんとかツルツルにしておきたい!とか。

全身脱毛を完了する時期がいついつまで!っと予め決まっていて、だけどそんなに余裕はないって人には向いています。

生・口コミ★ピカリで顔脱毛してみた体験談

ピカリで顔脱毛 ピカリを体験してきた感触だけど、顔の施術でも痛みはまったくナシでした。

ピカリのスタッフさんも言ってましたが、顔への照射って結構、技術がいるんだって。

もたもたすることなく、テキパキと施術をするピカリスタッフさんからは、確かな技術を感じました。

ピカリでは顔脱毛の前には、肌に優しいクレンジング剤をコットンに含ませて、さっさっとメイクを落としてくれます。

なので、メイクしたままピカリに通っても大丈夫。

ピカリのタオルは無臭 メイクを落としたあとは、ジェルを顔にタンマリと塗られました。こんなに塗るの?ってほど分厚く。

ピカリのジェルは冷たすぎることもなく適度にヒンヤリ。

照射後には、ジェルをヘラですくいながら取ってくれて、そのあと冷えたタオルを顔にかぶせて鎮静させていきます。

アタリマエかも知れないけど、ピカリのタオルは無臭。

サロンによってはカビ臭かったりするのですが、ピカリは無臭だったので、清潔感あるなぁ~と、そこでかなり感じました。

GTRの特徴

ピカリ体験談★SHR方式との比較

ワタシは、ラココとストラッシュのSHR方式のマシンも体験済み。

VIOと顔をSHR方式で施術しましたが、全く痛みはありませんでした。

SHR方式のマシンも、ピカリのGTRと同じく連射しながら照射してくタイプです。

SHR方式のマシン そのため施術の所要時間も短い。

さらに、SHRでは3週間以上あければ次の照射ができるので、施術完了期間も早いのが特徴です。 (ピカリのGTRは4週間)

ハイスピードで全身脱毛できること、そして痛くないことは両者に共通していました。

ただ、ピカリの方式とSHRでは、全身脱毛のアプローチの仕方が違います。

日焼け肌だったり、ホクロが多かったり、しみ、アザ等、脱毛を避けないといけない部分がある人は、ピカリよりもSHR方式が向いています。

ちなみに、ピカリのGTRは照射する光の波長を変えてフォトフェイシャルの施術が可能ですよ。
(PIKARIフェイシャルという名称)

回数制パックプランでは、顔脱毛の施術のかわりにフォトフェイシャルに変更可能で、毎回の施術のたびに好きな方を選択できます。
(詳しくは後述)

一方、ラココやストラッシュのSHR方式のマシンは、元々、フォトフェイシャルと同じような波長で光を照射。
(波長というのは、光の届く深さのようなものという意味らしいです)

そのため、GTRのように切り替えなくても、脱毛と同時に、フォトフェイシャル効果が得られるんだとか。
(ぶっちゃけ、ピカリのGTRより凄そう)

ピカリ体験談★ストラッシュの顔脱毛との比較

ピカリで顔脱毛した後は、ひんやりタオルで鎮静してくれました。

ピカリ体験談 でも、ピカリでは保湿剤的なもので仕上げるというケアはありませんでした。

脱毛した後って、お肌が乾燥するんですよね~。

いままでいろんなサロンで体験してきたけど、もしかしたら、ピカリが1番乾燥したんじゃないかなぁ。

施術後、妙に肌が乾燥したので、ワタシはコンビニでシートマスクを買って自宅で保湿ケアをしました。

余談ですが、顔の施術に関するキメ細かいケアという部分では、ピカリよりもストラッシュのほうが良かったかも。

ストラッシュでは顔の施術のあとに、保湿力バツグンのシートマスクでお手入れしてくれます。

シートマスクでお手入れ ぶっちゃけ、施術前のメイク落としもピカリよりも念入り

拭き取るというよりは、なじませて毛穴から汚れを浮かして落とすっというように本格的。

また、ストラッシュのSHR方式のマシンには、フォトフェイシャル的な効果もあるからなのか、施術前より顔がリフトアップしてました。 (これは嬉しい~!)

1週間くらい本当に顔ツルツルだったんです。

SHR方式の安い全身脱毛★ストラッシュ

裏レポ★ピカリのパウダールーム充実度がヤバイ

脱毛サロンにいったとき、施術以外のところで気になるのがパウダールーム

ワタシはたくさんのサロンで体験してきましたが、その中でもピカリのパウダールームの充実度は抜群でした。

化粧直しに必要なものが、すべて揃っているんです。

綿棒やコットン、ヘアブラシ。このあたりって、まぁどこのサロンも当たり前に置いてます。

ストレートアイロン でも、それに加えて、ピカリは化粧水やら乳液にヘアローションにドライヤー

はては、ストレートアイロンまで置いてくれてました。さすがにこの辺になるとピカリ以外のサロンでは見たことがない。

痒いところに手が届きまくりのピカリのパウダールームなのでした。


ピカリの月額制プランは要注意

ピカリの月額制プランは要注意 実は、ピカリの月額制プランでは全身脱毛をマルっと1周するのに3ヶ月掛かります。

これは、全身を3分の1ずつに分けて施術していくからです。

言い換えると、1ヶ月に施術して貰えるのは、全身の3分の1だけ。

翌月に、もう3分の1・・・という具合に施術を進めていくので、全身をグルッと1周するのに3ヶ月かかる計算

月1回の施術で、全身グルッと1周して貰えて、月額●●●●円ということではないんです。

ピカリに限らず、月額制プランの場合、何ヶ月かけて全身1周するのか?という部分はムッチャ重要です。


(脱毛サロンの月額料金は、たまに変更される可能性があるので、気になる人はピカリの公式HPで確認した方がイイです)

裏読みJAPAN★ピカリの全身脱毛

ピカリはまだ良心的 ピカリの月額制プランは3ヶ月で全身1周ですが、脱毛ラボ恋肌(こいはだ)なんかは、全身1周するのに12ヶ月かかる場合もあります。
(その時々のキャンペーン内容によります)

まぁそれに比べたら、ピカリはまだ良心的だなとは思います。

さておき、ピカリの月額制プランで3ヶ月分の料金(全身1周あたりの金額)は、回数制パックの全身1回分の金額ととほぼ同じ

だけど、ピカリの月額制プランでは毎月の施術時にシェービング料金1,000円が乗っかってくるんです。

そうなると、回数制パックより、全身1周あたり3千円も多く費用がかかる計算。

全身6周分通ったら18,000円も回数制パックより高くなるやないか~い!!

これが、ピカリ月額制の実態です。


ピカリの全身脱毛は回数制パックを選ぶが吉★

一方、ピカリの回数制パックでは、シェービング料金は発生しません

まぁ、他のサロンと同様、手の届く範囲を自己処理はしていくこと必要はありますが、月額制のように上乗せで支払う必要がない!

月額制プランで毎月千円のシェービング料金が加算されると、全身脱毛1周分で3千円

なので、全身6回あたりだと、回数制パックは月額制よりも18,000円も安いということです。

施術サイクルに関しても、回数制パックでは、月1回の来店で全身すべてをグルっと施術してくれます。

このペースで6回コースなら、最短6ヶ月で卒業できるので、6ヶ月後になにかとっても大事な予定がある人には向いていますね。

GTRの特徴

裏読みJAPAN★ピカリの全身脱毛

しかーも! ピカリの回数制プランでは、顔脱毛をPIKARIフェイシャル(フォトフェイシャル)に変更できたりもします。

PIKARIフェイシャル 顔脱毛にするか、PIKARIフェイシャルにするかは、毎回の施術時にお好みで選ぶことが出来ます。

フォトフェイシャルの効果は、リフトアップ効果顔の赤みシミやシワニキビ跡もキレイにしてくれる優れもの。

なにか人前に立つ仕事が控えていたり、デートの前だったりと、綺麗にしておきたいイベントがある前には、いつもの顔脱毛をフォトに切り替えてもらってもいいですね。


ピカリvsキレイモ★回数制パックで比較

フォトフェイシャルに変更 さて、キレイモもピカリと同様、月額制プランと回数制パックの2本立て

回数制パックでは、顔の施術をフォトフェイシャルに変更できるというところもピカリと同じです。

キレイモの回数制パックでは、大体2ヶ月に1回のペースで施術を進めていき、その日のうちに全身すべてを施術します。

ピカリでは最短ペースなら毎月予約を入れられるので、半年後までにキレイになっておきたい事情がある人はピカリのほうが都合が良さそう。


ピカリvsキレイモ★月額制プランのシェービング料金では?

ピカリvsキレイモ でもって、キレイモの月額制プラン。

ぶっちゃけると、キレイモでは回数制パックのほうがオススメなんだけど、強いて言えば、月額制プランはいつでも好きなときに辞められるというのがメリットですかね。
(最低契約期間はある)

こちらも2ヶ月に1回のペースで、その日のうちに全身を1周。

ピカリの月額制プランは、1回の施術で全身の3分の1のみを照射

全身1周するのにピカリに3回行かなくちゃならないのが面倒臭いかも。

キレイモでも月額制プランでは、シェービング料金が千円かかります。

でも、キレイモは2ヶ月に1回、その日のうちに全身すべてを脱毛するので、全身1回につきシェービング料金は千円。

つまり、ピカリの3分の1で済みます。

ピカリが全身6回につき、シェービング料金が1.8万円かかるところ、キレイモでは6千円で済むということ。

まぁでも、キレイモでも回数制パックならシェービング料金は無料

それに、フォトフェイシャルができるのも回数制パックのみなので、どう考えても回数制パックの方がオススメではあります。


ピカリvsキレイモ★全身6回の料金と顔の施術範囲で比較

ピカリvsキレイモ★全身6回の料金 まぁ、細かい部分はさておき、サービスの内容がピカリと似ているキレイモ。

料金面はどうなのか?

回数制パック6回の値段で比較してみると、ピカリのほうが34,320円安いです。

▼全身脱毛6回の料金(税込)で比較

さらに、技量が問われるの施術範囲でも、ピカリとキレイモには以下のような差があります。

▼ピカリ

  • 鼻・・・OK
  • 眉間・・・OK
  • エラ下・・・OK

▼キレイモ

  • 鼻・・・OK
  • 眉間・・・OK
  • エラ下・・・NG

GTRの特徴

ピカリvsキレイモ★生理のとき、予約の振替はできる?

ピカリもキレイモも、生理のときでも施術はできるんですが、VIOとヒップの照射は不可。

でも、ピカリでは生理で照射できなかったVIOとヒップは別の日に施術して貰えます。

ピカリでは生理で照射できなかった 一方、キレイモではそういうのはナシ

なので、予約日と生理が重なって施術できなかったら、その分のお金が無駄になってしまうんですね。

ちなみに、この件に関して、ピカリのスタッフさんから以下のようなことを言われました。

「生理と重なって施術できなかったVIOとヒップも、お客様が契約して確保された権利ですので、後日にシッカリと施術させていただきます。

実は、生理の時の対応って、サロンによって差が出る部分。

キレイモでは予約日と生理と重なったら、VIOとヒップの施術は諦めなければなりませんが、ピカリでは諦めてくださいモードがまるでナイんです。

受ける側としても、生理と重なったら、ま、しかないよな~と施術は見送ることに疑問すらもたないかもしれません。

でも、お金支払って契約して、施術を受ける権利を買ってるんだもん。よくよく考えてみるとピカリが言うとおりなんですよね。

GTRの特徴

ピカリvs恋肌(こいはだ)★全身6回コースの値段で比較

さて、恋肌(こいはだ)も、ピカリと同様に月額制と回数制があります。

恋肌(こいはだ)の月額制プランは、ピカリ以上に全身を細かくエリア分けして、毎月、少しずつ施術していきます。

場合によっては、全身1周するのに10ヶ月とか、12ヶ月かかってしまうケースもあり。
(その時々のキャンペーンによって変わる可能性があるので、最新情報をHPで確認したほうが良いです)

ピカリvs恋肌(こいはだ) まぁでも、全身1周するだけで1年もかかってしまうようなプランは実質的に、あまり使い物ならないと思うので、気にする必要すらないと個人的には思います。
(こういうのと比較するとピカリの月額制はまだアリだよなぁ~と思えてくる)

実質、恋肌(こいはだ)で使い物になるのは回数制パック

恋肌(こいはだ)も、かなり安いサロンではあるけど、ピカリの方がさらに格安です。

▼全身6回コースの値段(税込)で比較

ピカリvs恋肌(こいはだ)★施術範囲や生理時の対応でも

ピカリ同様、恋肌(こいはだ)の施術範囲も、顔を含めた全身が対象

技術的なハードルが高いのお手入れもできるので、まぁ優秀なほうです。

ピカリは眉間もエラ下もOK ただ、眉間とエラ下NG
(ピカリは眉間もエラ下もOK)

また、予約当日に生理になった場合、VIOとヒップ以外の部分を施術。

ここまではピカリも同じ

でも、ピカリみたいに、その日にできなかったVIOとヒップを後日に振り替えて施術して貰えたりはしないです。

値段の差もさることながら、こういう部分って地味に大事だと思う。

全身脱毛はフツウに通えば1年~2年くらいはサロンとの付き合いが続きます。

その間に生理不順になって、運悪く予約日と生理が重なってしまうことだって十分に考えられますからね。

そういう場合に、VIOとヒップを後日に施術して貰えないサロンと、して貰えるピカリとでは安心感が違います。

GTRの特徴

ピカリvs脱毛ラボ★全身6回コースの値段で比較

値段はピカリの方が安い 脱毛ラボの月額制プランも全身を細かくエリア分けして、ちょっとずつ施術を進めていきます。

要するに、恋肌(こいはだ)と同じタイプで、実質、使い物にはなりません

回数制パックは半年~1年くらいの期間で、全身6周できるというスピードッぷりなので、まぁ、アリかなとは思います。

ただ、値段はピカリの方が安いです。

▼全身6回コースの値段(税込)で比較


脱毛ラボは顔の施術範囲が中途半端すぎた

ピカリのペースより早い 脱毛ラボの回数制パックは、最短2週間に1回ペースでも通えるので、ピカリのペースより早いですね。

まぁでも、例えば全身6回コースを3ヶ月くらいの間にカケアシで施術しても、効果のホドはどうなんでしょうね?

今現在、生えている毛には効果はあるだろうけど、休眠中の毛根には効果はないハズ。

ということは、一旦、毛が無くなったように見えても、休眠中だった毛根から、すぐまた新しい毛が・・・。

ま、急いでキレイになる必要がある人にとっては、効果が持続する期間より、コッチの方が大事かも知れません。

ただ、脱毛ラボが圧倒的にピカリとかより
劣っている部分があります。

それは、顔の施術範囲

  • もみあげ
  • 鼻下
  • あご周り

え~と、顔の下半分だけやん!!!っていうことで非常に中途半端な印象をもってしまうわけです。
(ピカリは、顔の上半分も施術可)

ちなみに、脱毛ラボでは生理のときもVIOとヒップ以外の照射は可能です。

回数制パックなら、その日できなかったVIOとヒップの振り替えはして貰えます。
(ピカリも回数制なら振り替えOK)


SHR方式のストラッシュはピカリよりお得?

脱毛方式が根本的にピカリと違うのがストラッシュ。

ストラッシュではSHR方式のマシンを使用しています。

ピカリの施術範囲 ピカリ等の従来型の方式では毛根にフラッシュを作用させていきますが、SHR方式では毛包に作用させる為、痛みが殆どないのが特徴。

とはいえ、ピカリのGTRも痛みはほとんど感じなかったけどね。

決定的な違いといえば、SHR方式にはフォトフェイシャル的な効果もあるということ。

ピカリの場合は、回数制パックの場合のみ、顔の施術をフォトフェイシャルに変更できます。

でも、脱毛かフォトフェイシャルか、どちらかを選ぶことになります。

ストラッシュは特にどちらかを選ばなくても、脱毛しながらフォトフェイシャルの効果も得られるというところがピカリよりお得な感じがします。

SHR方式の安い全身脱毛★ストラッシュ

SHR方式のメリット

SHR方式は、以下に挙げたような色の薄い毛や細い毛など、ピカリ等の従来型の方式では効果を発揮しにくい箇所にも効果があります

  • ウブ毛
  • 白髪
  • 金髪

ピカリ等の従来型の方式 また、日焼け肌、黒ずみ、あざ、タトゥー、シミ、ホクロ等、肌の黒い部分があって、脱毛を諦めてしまっていた人もいるかと思います。

こういった箇所は、ピカリ等の従来型の方式では、ヤケドのキケンがある為、施術が難しいとされています。

でも、SHR方式では、そういった理由で全身脱毛を諦めていた人でも安心して施術できるというメリットがあります。


ストラッシュvsピカリ★月額制or回数制?

ストラッシュも、ピカリと同じように月額制プランと、回数制パックが用意されています。

月額制では、全身を4分の1ずつ分割して、2ヶ月の間に4回通うというスタイル。
(ピカリは全身を3分割ね)

でも、ここでもピカリと同様、毎回の施術時にシェービング代が1,000円かかってきます。

全身1周するのに、4回通うことになるので、全身1周につきシェービング代として4千円かかる計算。
(ピカリの月額制は全身1周につき3千円)

なので、やっぱりストラッシュでも、ピカリ同様、回数制パックのほうがお得なんです。

▼ストラッシュの全身脱毛パックプラン

  • 6回・・・103,420円(10ヶ月)
  • 12回・・・196,344円(18ヶ月)
  • 18回・・・283,435円(24ヶ月)
  • 回数無制限・・・399,384円(60ヶ月)

 ※全て税込
 ※カッコ内は有効期限


SHR方式の安い全身脱毛★ストラッシュ

30代以上はピカリよりストラッシュがオススメ?

料金はピカリの方が安いですが、SHR方式のメリットを重視する人ならストラッシュがオススメです。

特に、年がら年中日焼けしてる人、シミ、ホクロなどが気になってる人、肌コンディションの衰えを感じている30代、40代の人はストラッシュがオススメ。

ピカリの施術範囲 ワタシは、ストラッシュで顔の施術を体験したんですが、施術後、明らかに顔が
リフトアップしていたんです!

これは、アンチエイジング効果全身に期待できそう。

ということで、なんとなく肌の衰えを感じている30代、40代の人にはオススメっぽい!
(ちなみにワタシは39才。肌コンディションが気になるビミョウなお年頃でっす)

逆に、まだまだお肌の衰えとかは気にならない10代~20代の人は値段の安いピカリでも良いかな~と思います。

▼全身6回コースの値段で比較

※価格は税込
※カッコ内は有効期限


ラココは一括払いがお得

ラココSHR方式のサロンなので、SHR方式のメリットはすべてラココも持ってます。

ラココは回数制パックのみ。ピカリのような月額制プランはありません。

ラココは回数制パックのみ ラココで気をつけないといけないのは、一括払いにするか、分割払いにするのかで料金が大きくかわるところ。

一括払いにしたほうが、ものすんごく安いんですね。

6回コースだと同じ金額なんだけど、12回とか18回コースになると5~7万円以上も違う

なので、ラココのローンを使わず
クレジットカードで決済して、あとでクレカ会社に分割払いの手続きをするのがオススメ。

こうすれば安い料金が適用されるし、クレカのポイントも溜まるのでお得ですね。

まぁ、クレカを持ってない人は、ラココだとメチャ高くなるのでストラッシュのほうが良いかも。

SHRにこだわらなければ、ピカリでも良いですね。料金的にはピカリの方が安いです。


ラココvsピカリ★ダツモウ初心者は要注意

ラココには全身脱毛5回コースがあります。

格安料金なのは良いんだけど、初めて全身脱毛するような人はチョット待って!

初めて全身脱毛する人が十分な効果を実感できるとしたら、やはり5回では足りないと思う。

ラココには全身脱毛5回 でも、ラココでは1度契約したコースが終了したあと、もう一度同じコースの追加契約ができないんです。

5回コース終了後に追加契約できるのは、12回コース以上になります。
(6回コースも同様です)

なので、ダツモウ効果の様子を見ながらチョコッと追加契約したいという場合にはラココは使いにくい面があります。

カウンセリングでしっかり相談して、自分のムダ毛の具合にあった回数をしっかり選ぶことが重要。

または、以前どこかで全身脱毛した経験があって、でも完全に処理できそこねたムダ毛の残毛処理にラココの5回コースは適していますね。

ちなみに、ピカリ同じコースの再契約はOK

ピカリには5回コースというのは無いけど、全身脱毛6回あたりの値段ではピカリの方が2万円くらい安いです。

特に、SHR方式のメリットを重視しないのであればピカリのほうが使い勝手は良さそうかも。

▼全身6回コースの値段で比較

 ※価格は税込
 ※カッコ内は有効期限
 ※ラココは一括払いの料金


ラココvsピカリ★何故、経験者にはラココがオススメなのか?

ラココvsピカリ 全身に生えている毛って、どこも同じ量が生えているわけではないし、濃さや薄さもマバラ

なので全身を同じように照射していても、効果が出てる箇所や、まだそんなに効果を感じれない場所って出てきます。

また、どこか他のサロンで全身脱毛した経験があるけど、また生えてきてしまったという場合。

こういう場合にも、毛の量の多い場所、少ない場所というのがあるわけです。

でも、そういう濃淡に関係なく、決まった回数を照射されるのってチョット勿体ないような気がします。

そういう時、ラココでは、スタッフさんに希望をつたえれば、まだあまり効果が出てきていない箇所に多く照射して貰えたりします。

こういうのはピカリでも、他のサロンでも基本的にはやってないようです。

例えば、腕の毛は十分に薄くなったので、その分の照射回数を他の部位に回して貰えるという、ラココなら臨機応変な対応をして貰えるんですよね。

ダントツ安い全身脱毛★ラココ

裏読みJAPAN★ピカリの全身脱毛

ピカリの格安料金 ピカリは、ラココのように同じコースを再契約できないということは無いんですが。。。

実は、ピカリでは、一旦、契約したコースが終了した後に追加契約する場合は、結構高くつくので要注意!

どの程度、高くなるかはその時々で変わるようですが、いずれにせよ、ピカリの格安料金は最初の1回目の契約の時だけみたい。

なので、後々、追加契約する可能性が出てきそうな気がする人は、カウンセリング時にシッカリ相談するべし。

12回以上のコースでもピカリは他よりも安いので、ここでケチると損ですから^^;

超高速全身脱毛サロンPIKARI(ピカリ)

ピカリvs銀座カラー★月額料金の意味合いが違う?

ピカリvs銀座カラー ピカリは12回とか18回コースをオーダーしても他より安いというメリットはあります。

でも、あくまでも施術回数は有限です。

将来的に毛が再生してきた時のことが心配な人は、有効期限、施術回数ともに無制限の全身脱毛サロンを選択するのも安アリ。

一生涯、満足するまで通える全身脱毛サロンの代表格といえば銀座カラーです。

スゴイ剛毛で毛量も多いッという人ほど、ピカリより銀座カラーの方がオススメ。

一生涯全身脱毛できる権利を買うようなものなので、契約するのも年齢が若ければ若いほどお得です。

銀座カラーの料金は月額●●●●円と表記されていますが、これ、ピカリの月額制プランとは違うタイプのもの。

ピカリの月額制は、通い続けている間ずっと定額料金が発生する、ケータイ料金みたいな感じです。

でも、銀座カラーの月額料金というのは、もともと決まっている支払い総額を分割払いにしただけ。

なので、支払金額の上限があるということ。

ローンを払い終われば、あとはお金のことを気にせず何度でも通っちゃってイイというのがピカリの月額制プランとの大きな違いです。

ワタシはヒザ下の施術で体験しましたが、銀座カラーは脱毛効果もシッカリ期待できるサロン。

たぶん、従来型の施術方式では1番くらいに効果を実感。シースリーも、ほぼ同等かなという感じ。

ちなみに、ピカリの超高速脱毛機GTRはシースリーのマシンと同じものです。

銀座カラー

料金変動に注意★公式HPで必ず最新情報を要確認

銀座カラーの全身脱毛は、顔脱毛アリのコースと、顔ナシのコースとに別れています。(ピカリの全身脱毛は顔アリ)

ピカリの全身脱毛は顔アリ それぞれに施術ペースの違いで、値段の高い方と、安い方のコースが用意されてます。

値段が高いほうは、年8回というややハイペースで通えるのが特徴。

安い方は、毛周期に合わせて通う為、2~3ヶ月に1回というペース。

施術ペースの違いで、料金は約10万円ほど違うのでナカナカあなどれません。

施術ペースが遅かろうが早かろうが、キレイになるることは目に見えているのでここは安い方のコースでOKかも。

銀座カラーの料金は時期によって多少高くなったり安くなったりします。

なので、必ず公式HPで最新のキャンペーン情報を確認した方がよいです。

安い方のプランの料金総額の目安としては大体、以下のような感じです。

  • 顔なし・・・大体20万円前後
  • 顔あり・・・大体30万円前後

※顔の施術は12回まで

銀座カラー

無制限にこだわらなければ、ピカリの18回コースは最安値

ピカリの18回コースは最安値 銀座カラー(顔アリの安いプラン)は大体30万円チョットというこの価格帯。

まぁまぁ高額です、ハッキリ言って。

ただ、ダツモウ初心者の人が全身ツルツルにしたい場合、最低でも18回くらいの契約は視野に入れておきたいところです。

キレイモや脱毛ラボで18回コースとなると30万円オーバーは確実。

少し安めの、恋肌(こいはだ)、ストラッシュでも20万円台後半。
(ちなみに、エピレやミュゼは論外なくらい高い)

この金額で施術回数18回ということなら、一生涯、何度でも全身脱毛できる銀座カラーの方がコスパは良いかなと思えてきます。

ただ、ピカリやラココも18回コースでも結構安いので、18回でも十分かもと思える人は、ピカリやラココでも良さそうです。

 ※料金は税込み

シースリーはピカリと同じマシンを使用した無制限の全身脱毛

ピカリと同じマシン ピカリと全く同じマシンを使っているシースリー

シースリーの永久メンテナンスコースは、銀座カラーみたいな無制限タイプの全身脱毛プランです。

やはり、月額●●●●円という表記が目を引きますが、銀阿カラーと同じで支払い総額を分割払いにした、ローン型の月額制です。

言い換えれば、支払い支払い金額に上限があるので、ローンを払い終わればお金のことをきにせずに回数無制限で通えます。

気になる支払総額大体40~42万円程度です。
(料金に幅があるのは、利用するローン会社がシースリーの支店によって違う為です)

銀座カラーの顔脱毛つきプランでは、顔の照射は12回までですが、シースリーでは顔も無制限で施術してもらえます。

シースリーと銀座カラー、コスパ的に良いのは銀座カラーの(顔アリの安いプラン)の方になるんだけど、顔も回数無制限で脱毛したい人はシースリーを選ぶのがいいですね。

でも、シースリーの顔の施術では鼻への照射がしてもらえないんです。

銀座カラーは顔の施術は12回までだけど、、
鼻の施術OKで、しかも料金は10万円くらい安い

ムッチャクチャ顔が剛毛でないなら、ここは銀座カラーですね~。

ミュゼの全身脱毛は50%割引でもピカリの倍以上!?

ミュゼ 安いイメージのあるミュゼプラチナムだけど、それはお試しの体験プラン(美容脱毛完了コース)のみのハナシ。

なぜか、ミュゼは全身脱毛となるとモノスンゴイ高額になるんです。

ピカリの6回コースと比較するとブッたまげます!!

※税込み価格

まぁ、ミュゼの場合はアプリ登録とかで料金が半額になるキャンペーンというのをやってるけど、それでもピカリの倍以上です。

しかも、全身脱毛に顔の施術がはいってない!
(ピカリは顔の施術も込みでこの価格です)

ただ、ミュゼの体験プランの美容脱毛完了コースはビックリするくらいお得なんです。

まず、値段が格安なうえに満足するまで何回も通えるところ。

対象となる部位は、その時のキャンペーンで違うけど、大体いつもワキかVIOは定番です。

キャンペーンの内容や値段は、わりと小まめに変わっちゃうから、必ず公式HPで確認が必要です。


ピカリには無い《体験プラン》がお得なエピレ

エピレ エピレの全身脱毛は、お好みの24部位を自分でチョイスして施術していくスタイルです。

なので、顔も選択できます

でもね~~エピレも、ミュゼ同様に高額なんです!!

ピカリの6回コースと比較すると。。。

※税込み価格

ただエピレにも、ミュゼのようにお得な体験コースが存在するんです。

それは、ファーストプラン

  • フェイス5脱毛・・・6,000円(2回)
  • VIO・5脱毛・・・6,000円(2回)
 ※料金は税込

ピカリには、このような部分脱毛の体験プランがないので、お試し感覚で脱毛をしてみたい人にとってはウレシイコース。

または、ピカリで6回コースを終了した後に、チョコッと顔だけ(またはVIOだけ)追加契約したいという場合にも使えると思います。


まとめ★ワケあり肌の人はピカリよりラココがオススメ

文句なしにピカリ ズバリ!とにかく全身脱毛を安く済ませたい人には文句なしにピカリです。

多くのサロンで苦手とする鼻、眉間、エラ下の施術もこなせるという、ただ安いだけじゃない実力派なところもピカリは素敵です。

ただ、以下のような理由で、これまで全身脱毛諦めていた人は、ピカリよりもラココやストラッシュのSHR方式がオススメ。

  • シミ、アザがある
  • アソコが激しく黒ずんでいる
  • ホクロが多い
  • タトゥーを入れている
  • 日焼けがハンパない

ピカリなどの従来型のマシンでは、色の黒い部分への照射はヤケドの原因になり、施術を断られることもありますからね。

また、肌に衰えを感じている、30~40代のマダムも、ピカリよりもラココ、ストラッシュが向いていそう。


(SHR方式ならアンチエイジング効果も期待できるからね)

逆に、10代~20代の年齢の若い女性にはピカリが向いてると思う。

それに、若者ならお肌のコンディションも良いと思うので、SHR方式のアンチエイジング効果よりも低料金であることの方が嬉しいかも。

とは言え、ラココなら、ピカリと変わらないくらい安いですが・・・。

ピカリもラココも施術サイクルは早いので、順調にすすめば全身6回コースなら、最短6ヶ月で卒業可能です。

契約時の注意点としては、ラココでは、1度契約したコースを追加契約できないこと、そしてピカリでも同じコースを再契約する際は、かなり割高になること。

なので、ダツモウ初心者なら最初から12回以上のコースを選んだ方が無難です。

他サロンで既にダツモウ経験アリの人が、少し残ってしまった毛や再発してしまった毛を処理するなら、ラココの格安5回コースがオススメ。

ピカリも6回コースの値段は安いけど、毛量の濃淡に応じて、施術回数を調節するなどの融通がきくのはラココです。

▼ピカリ(削)全身脱毛6回あたり、1.8万円の無駄な出費を抑える為に知っ...

【概要:ピカリ_PIKARI】
何故、ピカリでは月額制プランより回数制パックがオススメなのか? ピカリの全身脱毛って、たしかに安いことは安い。 だけど、ぶっちゃけ別に意味ナシ・・・と思うことも結構あるんですよね。 例えば、全身55ヶ所の脱毛とか。 月額…

【NewTopics】
冬は寒いので、肌が出る服を着て外に出る事は無いのですが、夏は、露出が多い服や水着など着る機会が増え・・・ワキ脱毛★黒く点々とまだ残って汚く見えるのがイヤ!!

【ピカリ_PIKARIに関する口コミ】
新着口コミ★実はかなり男性が気にしていた、恐怖のヒゲ女
実は、2016年の家電メーカーのリサーチでは、男性が一番気になるムダ毛がなんと、ヒゲなのだとか。わ...
新着口コミ★レジーナの予約変更やキャンセルは前々日の20時まで
レジーナクリニックでは予約の変更やキャンセルは前々日の20時まで受け付けています。 前々日20時を...
新着口コミ★ミュゼのSCC方式脱毛★後日の効果
ミュゼのSCC方式脱毛で、重要なのは後日の効果ですよね。 SCC方式のミュゼの脱毛はすぐに効果を実...
新着口コミ★未成年がサロンで契約するには、同意書か親の同伴が必須です。
さてさて。そんな迷える高校生でも脱毛サロンに通えるのでしょうか? 基本は、未成年の場合はどんなサロ...
新着口コミ★キレイモ(吉祥寺)の全身脱毛体験
私は頭から爪先まで、全身毛深いのが悩みでした。 処理しないと腕や脚がもしゃもしゃなのはもちろん、う...

痛みの少ない医療レーザー全身脱毛

アリシアクリニックの全身脱毛

怒りの全身脱毛MENU

怒りの全身脱毛カテゴリー

Copyright (C) 2014 怒りの全身脱毛、、、6回あたりの値段で比較。安い月額料金に騙さ・・・. All Rights Reserved. [ admin ]